SSD化完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

注文したSSD(Transcend 2.5インチ IDE SSD MLC 64GB TS64GSSD25-M )でTransend IDE SSD @ 64GB.JPG

早速メインパソコン(ThinkPad R50e)にSSDを搭載(HDDからSSDに入れ替え)しました。

しばらく使いましたが、プチフリもなくまったく順調です。

毎日使っているパソコンが、突然、高性能パソコンに変わった感じで、実に気持ちがいよいです。

下調べではNTFSフォーマットでプチフリが出やすいってなことが書いてあった気がするのですが、

全然問題なしです。R50eのマシンスペックが低すぎて、気付かないだけかもしれませんが。。。
SSDのプロパティ.JPG

作業手順としては

(1)ThinkPad R50e のHDDデータのバックアップ

Acronis True Image Home を使用しました。
(2)ThinkPad R50e のリカバリー・ディスクの作成
スタート→すべてのプログラム→Access IBM→リカバリー・ディスクの作成
(3)電源断したあと、HDDを外し、SSD と入れ替える

(4)リカバリー・ディスクを使用してSSDの内容を工場出荷時状態にする

(5) "(1)"のバックアップデータをSSDに書込み

(6)終了

という感じです。

換装時の注意点ですがSSDのマスター・スレーブ設定の

「ショーとピンを抜いてはダメ」

ってことです。

今まで、Fujitsu(富士通)、Hitachi(日立)、Toshiba(東芝)の

2.5インチHDDを使ったことがあり、マスターで使用する場合は

ショートピン非搭載でよかったのです。

しかし、Transcend のこのIDEインタフェースのSSDには購入時からショートピンが搭載されてます。

何も考えず、外してしまい作業をしていたので最初うまく起動できませんでした。

あれこれ原因調査をしていたのですが、結局単純な原因でした。

もしこれから、トランセンドの製品(IDEインタフェース)を使用して

SSD化するときは、ご注意ください。

実は、製品本体にマスター・スレーブの設定についてはちゃんと書いてあります。

よーく確認しましょう。(こんなことで手間どるのは、おれだけか?(・_・;))


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://thanks.myhome.cx/cgi-bin/MT5-J/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、hideが2010年4月10日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SSD化します。」です。

次のブログ記事は「キャリア、プロバイダ変更しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。