2010年4月アーカイブ

SSD化完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

注文したSSD(Transcend 2.5インチ IDE SSD MLC 64GB TS64GSSD25-M )でTransend IDE SSD @ 64GB.JPG

早速メインパソコン(ThinkPad R50e)にSSDを搭載(HDDからSSDに入れ替え)しました。

しばらく使いましたが、プチフリもなくまったく順調です。

毎日使っているパソコンが、突然、高性能パソコンに変わった感じで、実に気持ちがいよいです。

下調べではNTFSフォーマットでプチフリが出やすいってなことが書いてあった気がするのですが、

全然問題なしです。R50eのマシンスペックが低すぎて、気付かないだけかもしれませんが。。。
SSDのプロパティ.JPG

作業手順としては

(1)ThinkPad R50e のHDDデータのバックアップ

Acronis True Image Home を使用しました。
(2)ThinkPad R50e のリカバリー・ディスクの作成
スタート→すべてのプログラム→Access IBM→リカバリー・ディスクの作成
(3)電源断したあと、HDDを外し、SSD と入れ替える

(4)リカバリー・ディスクを使用してSSDの内容を工場出荷時状態にする

(5) "(1)"のバックアップデータをSSDに書込み

(6)終了

という感じです。

換装時の注意点ですがSSDのマスター・スレーブ設定の

「ショーとピンを抜いてはダメ」

ってことです。

今まで、Fujitsu(富士通)、Hitachi(日立)、Toshiba(東芝)の

2.5インチHDDを使ったことがあり、マスターで使用する場合は

ショートピン非搭載でよかったのです。

しかし、Transcend のこのIDEインタフェースのSSDには購入時からショートピンが搭載されてます。

何も考えず、外してしまい作業をしていたので最初うまく起動できませんでした。

あれこれ原因調査をしていたのですが、結局単純な原因でした。

もしこれから、トランセンドの製品(IDEインタフェース)を使用して

SSD化するときは、ご注意ください。

実は、製品本体にマスター・スレーブの設定についてはちゃんと書いてあります。

よーく確認しましょう。(こんなことで手間どるのは、おれだけか?(・_・;))


SSD化します。

| コメント(0) | トラックバック(0)
普段メインで利用しているノートパソコン(Think Pad R50e)ですが、ハードディスクのヘッド動作音が気になるようになってきました。
何分間おきに"カタン"といった音がします。
気になりだすと、なんとなく回転音も気になるし、パソコン自体の放熱も気になるしで
ここはハードディスクをSSDに換装しようかと思います。
製品の候補ですが条件は以下のものから選びます。

  • 2.5inch HDDサイズ
  • 容量40Gバイト以上(現状のHDD 40Gバイトより容量のおおきなもの)
  • P-ATA接続(現在の主流はS-ATAみたいですね。)
  • 実績がありそうなもの
  • 値段の安いもの
というわけで
Transcend 2.5インチ IDE SSD MLC 64GB TS64GSSD25-M
を注文します。
メーカのカタログをみているとSLC版、MLC版どちらもあるようですが
価格が3倍ほど高くなるようなので手が出ません。

SSDの導入でプチフリ(短時間フリーズ?)が頻発するといった症状の報告があがっているみたいですが、
そのへんも含めて、後日レビューしたいとおもいます。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。